カラコン 痛み

カラコンを使用中、痛みがあったら?

初めてカラコンを装着した時に、痛みを感じたことはありませんか?
目がゴロゴロとした感じでいつまでも痛みが治らなかったり、乾いた感じがして違和感がある…
ゴミが付着していたり目の潤いが不足していて違和感や痛みがあることもあるのですが、トラブルを放置していると思わぬ眼病、最悪の場合は失明してしまうこともあるので、しっかりとケアを行い正しい使用方法でカラコンを使いましょう。

 

カラコンの痛みの原因、装着中の痛みがある、なかなか治らないという方はこんな使い方をしているのかもしれません。

ベースカーブが合っていない

ベースカーブは個人差がありますし左右でも異なることがあるのでカラコン購入前には必ず眼科でベースカーブを調べてもらってください。
カラコンの製造メーカーによっては1種類のベースカーブしか製造していないところもあり、だいたいの方がご自身のベースカーブと0.2位の差であれば問題なく使用できるといわれていますが使用していて違和感があればすぐに使用中止してくださいね。

レンズの裏表が逆になっている

意外と間違ってしまうのがレンズの裏表。レンズをこすり洗いをして裏返したままケースに入れてしまい、翌日装着する時にも裏返したまま…なんてことはありませんか?人差し指に乗せてフチが反り返っていないか確認してみましょう。

レンズの汚れが取れていない

使用後はしっかりとこすり洗いをしていると思いますが、その汚れがきちんと落ちていないと目の痛みの原因となります。汚れがないか確認してみましょう。

レンズにキズが入っていないか

レンズを取り外す時やこすり洗いの際に傷がついてしまうこともあります。
キズがないか確認してから装着しましょう。
レンズのキズや汚れ、お手入れに時間がかかるのが嫌だという方は使い捨てのレンズをお使いになると良いです。

 

また、カラコンを使用する際に…
レンズをつけたまま寝てしまったり、手を洗わずにレンズに触れた、使用期限を過ぎても使用している、充血や違和感があるのに構わずにカラコンを使っている、眼科で検査をせずにカラコンを購入、使用していると違和感や痛み、眼病の原因になってしまいます。

 

使用前後、痛みが治らないという場合にはすぐに眼科を受診してくださいね。