カラコン トラブル

カラコンの主なトラブル

カラコンのトラブル

以前、カラコンは雑貨品として扱われており、製造や販売に関してなにも規制がなく、海外からの粗悪品がはいってきたり、正しい扱い方が周知されていなかったためにカラコンでの目のトラブルが多発していました。
そこで厚生労働省は2009年に薬事法を改正、度アリ、度なしどちらも高度管理医療機器として扱うようになり以前よりは目のトラブルも減っているのですが全くなくなったわけではなく、若い方の眼病やトラブルが多くなってきています。

 

カラコンをお使いになる際、使用期間や1日の装着時間、そして使用後にはこすり洗いをして汚れを落とさなければいけませんが、それを守らずに長時間使ったり、使用期間が過ぎても買い換えるのがもったいないからと使い続けたり、ケアが面倒だからとそのまま保存液に浸すだけで翌日洗浄もせずに使用したり…、1日位…と思っていてもそれが思わぬ眼病の原因となってしまうのです。

 

カラコンでのトラブル、一番多いのが点状表層角膜症という角膜の上皮細胞が部分的に脱落した状態で炎症がある場合とそうでない場合があります。
次にアレルギー性結膜炎、黒目の周辺が赤くなってしまう毛様充血など…カラコンやドライアイ、レンズの洗浄不足が原因での眼病は様々な種類があります。

 

自覚症状がないものも多いので眼病の早期発見や予防するために定期的に眼科で検査を受けカラコンの使用方法やケア方法を守りましょう